樹脂系

フランキンセンス(オリバナム/乳香)

平穏な心へと導く樹木の香りは、アンチエイジングにも効果的。

フランス語で”質の高い薫香”を意味するフランキンセンスは、昔から瞑想の際に使われてきました。

ほんのりとレモンの匂いを感じさせるウッディーな香りで、心をゆったりと落ち着かせてくれます。

また、古代エジブトではパックに使われていたといわれ、シワ予防に優れた効果を発揮します。

”若返りのアロマ”としてもよく知られているアロマです。

アロマ「フランキンセンス(オリバナム/乳香)」

■学名:Boswellia carterii, Boswellia thurifera

■科名:カンラン科

■抽出部位:樹脂

■抽出法:水蒸気蒸留法

■ノート:ミドル〜ベース

■支配星:太陽


効能

鎮静、収れん、緩和、鎮咳

心への作用 ゆっくりと深い呼吸を導き、疲れた心や不安な気持ちを癒してくれます。
身体、肌への作用

粘膜や呼吸器系に作用し、のどの痛みや咳をやわらげる働きがあります。

また、肌の活性化や引き締めに効果的で、シワを予防し、ハリのある肌をもたらしてくれます。

皮脂の分泌を調整する働きもあります。

ベンゾイン(安息香)

甘い香りの樹液のアロマオイルは、心身にやすらぎと癒やしをもたらす。

安息香という別名をもつベンゾインは、その名の通り呼吸を安らかにして心を静めてくれるアロマです。

バニラに似た甘い香りで、かつては瞑想を助ける薫香や、咳などの呼吸器系疾患の治療に利用されていました。

ベンゾインはスマトラやタイを産地とする樹木で、アロマは樹液のかたまりを溶かしてつくるため、粘度が高いのが特徴です。

あまり馴染みのないアロマですが、乾燥した肌を艷やかにする働きもある、癒しのアロマです。

 

男性セラピストによる出張アロママッサージでは、以下のようなときに「ベンゾイン(安息香)」をご利用されると、効果が期待できます。

 

  • ストレス
  • お肌のスキンケア
  • リラックスしたいとき
アロマ「ベンゾイン」

■学名:Styrax benzoin(スマトラ)、S.tonkinesis(シャム)

■科名:エゴノキ科

■抽出部位:樹脂

■抽出法:溶剤抽出法

■ノート:ベース

■支配星:太陽または木星


効能

消炎、緩和、収れん、去痰

心への作用

緊張やストレスを解きほぐし、高ぶった神経を鎮めます。

憂うつ感や孤独感をやわらげ、疲れた心を癒やす働きもあります。

身体、肌への作用

肺の機能を高めたり、粘膜の保護や痰の排出を促したりする作用があります。

そのため、咳を鎮めたり、のどの痛みをやわらげたりするのに効果的です。

ミルラ(マー/没薬)

スキンケアやマウスケアに役立つ、ミイラの語源となったアロマ。

古代エジプトで遺体の防腐剤代わりに用いられ、ミイラの語源となったミルラ。

遥か昔からフェイシャルパックや化粧品にも利用されており、優れた抗酸化作用や保護作用は肌の老化防止、皮膚トラブルに効果的です。

また、口内の不調にも効果を発揮します。軟膏やマウスウォッシュに使えます。

樹脂から抽出されるアロマで、ムスクを思わせるようなスモーキーな香りです。

 

男性セラピストによる出張アロママッサージでは、以下のようなときに「ミルラ(マー/没薬)」をご利用されると、効果が期待できます。

 

  • スキンケア
  • 口内炎
  • 歯肉炎
  • オーラルケア
  • 風邪
  • 気管支炎
アロマ「ベンゾイン」

■学名:Commiphora abyssinica, Commiphora myrrha

■科名:カンラン科

■抽出部位:樹脂

■抽出法:水蒸気蒸留法

■ノート:ベース

■支配星:太陽または木星


効能

収れん、消炎、緩和、抗菌

心への作用 無気力な暗い心に光を照らして、力を与えてくれます。
身体、肌への作用

炎症などを鎮めて外部の刺激から保護する働きがあり、ひび割れた肌や口内炎、歯肉炎などの改善に役立ちます。

殺菌、消炎作用があるので口臭対策にもなります。

風邪や気管支炎などの改善にも効果的です。

施術で使用するアロマについて

Relaxation & Spa - La Curacionでは、これまで好評だったアロマを数種類ブレンドして施術で使用しております。

そのため、施術で使用するアロマはお選びいただけませんので、あらかじめご了承ください。

尚、無香料オイルの用意もありますので、ご希望の際は施術前にお申し出ください。

Information

ご予約状況のお問い合わせについて

ご予約状況のお問合わせは、LINEにてお願いいたします。